ボトックスで悩みを解消!効果を最大限に発揮する一定の条件

サイトメニュー

人気の注射で出来る整形

女の人

筋肉に作用する薬液

ボトックスはアメリカの薬品会社が開発したボツリヌストキシン製剤の名称で、最初は眼瞼痙攣や筋肉麻痺などの医療用として使われていました。これは神経伝達物質のアセチルコリンに作用して筋肉の緊張を緩和する効果があります。その働きが美容整形にも利用できることがわかり、ハリウッドのセレブなどが施術を受けることでアメリカ全土の女性たちに幅広く知られるようになりました。その影響を受けて日本でもボトックスは芸能人に広まり、さらに一般にも浸透するようになったのです。ボツリヌストキシン製剤は現在では様々なメーカーから発売されていますが、これを使った整形は最初に広まった薬剤の名称にちなんで一般的にはボトックスと呼ばれています。ボトックスは注射するだけで顔のエラをとり小顔にしたり、顔のシワを消したりする効果があります。この注射をしてみたいけれど初めてだから不安だという人もいるはずです。また美容整形クリニックに行くこと自体が初めてだという人もいます。美容整形クリニックは年々増加し、どこを選んでいいのか悩んでしまうこともあります。そんな場合は、まず複数のクリニックを選びカウンセリングを受けてみることが大事です。美容整形クリニックでは事前のカウンセリングは無料としているところが多いのでそこを選べば費用もかかりません。そのカウンセリングでボトックス注射の内容や費用などを知ることができます。さらにそれでクリニックの様子や医師、スタッフの雰囲気などもわかります。そして複数のクリニックを比較検討して最適なところを選ぶことができます。ボトックス注射でよく知られているのは顔のエラを小さくして小顔にする効果です。顔のエラが出ていた芸能人が急にそれがなくなり小顔になっているのを見て驚いた人も多いはずです。しかもそれが注射だけでできるのですから人気の整形となるのも当たり前です。顔のエラが張った人は咬筋の働きが強くて筋肉が発達しすぎてしまいます。その働きをボトックス注射で緩和して咬筋を小さくすることでエラを消してしまうのです。また笑ったり顔をしかめたりするときにできる眉間や額にできるシワは若いうちはすぐに消えてしまいます。しかし年齢を重ねるとそれが癖になり、顔に残ったままになってしまうのです。これも表情筋という筋肉の働きを注射で抑制することでなくすことができます。そのほかにボトックス効果としてはふくらはぎを細くしたり、多汗症の治療だったりにも使われます。ふくらはぎの発達した筋肉に注射して細くすらりとした足にさせることが可能です。また多汗症の原因となるアセチルコリンの働きを緩和して汗の量を少なくすることができます。脇や手のひら、足の裏など気になる部分にピンポイントで注射をして汗を減らします。実際手のひらの汗がすごくてハンカチがすぐにぐっしょりとなってしまうという人も注射するだけでそれがなくなってしまいます。また多汗症の人は汗が付着した衣服に細菌が繁殖して、それが臭うといったコンプレックスからも解放されます。ボトックス注射は副作用やダウンタイムもほとんどなく安心、安全にできる手軽な美容整形だと言えます。

Copyright© 2018 ボトックスで悩みを解消!効果を最大限に発揮する一定の条件 All Rights Reserved.